水漏れなどで蛇口交換はリフォームの際に行おう|NEWホーム

インテリア

老朽化

作業担当者

雨漏りの原因は何か、まずはそれを知っておこう。雨漏りが起きる原因は、十中八九言えの老朽化が原因だ。家の壁や屋根は、何年も何年も雨風にさらされてきている。なので老朽化が激しく、十年以上使い続けていると家のあちこちに限界が生じ始める。そしてその限界を超えた箇所に雨水が入り込み、そこから原因で雨漏りが発生する。また、雨漏りは屋根だけではなく、家の壁からも発生する。家の壁もやはり老朽化によって生じるヒビが原因で、そこから雨水が入り雨漏りが発生する。それによって生じる被害は、家の中が湿ってしまうことだ。家の中が湿ってしまうと、株いやきのこ、害虫が発生するリスクが格段に増える。更に、家の壁にヒビが入っていた場合、そこからシロアリが忍びこんでくる場合がある。そうなると最悪で、シロアリは家をたちまち食い荒らしてしまう。シロアリは材木に含まれている繊維質、セルロースを食べるため、木で出来た家は格好の標的となる。この場合、雨漏り修理業者の他にもリフォーム業者やシロアリ駆除業者も必要になっていき、コストが非常に高くなる。そのため、早いうちに雨漏り修理をしなければ値段が一気に高くなり、財政を逼迫してしまう。家の周りにヒビはないか、天井から水滴が滴り落ちていないか。それらをしっかりと確認し、常にチェックしておこう。いつ、どんなタイミングで雨漏りが発生するかというのは不明なのだから、日頃から確認が大切になってくる。